F1 ルイス・ハミルトン メルセデスAMG F1
ルイス・ハミルトンは、メルセデスが今週のF1ベルギーGPで投入した“フェーズ3”パワーユニットのパフォーマンス向上はわずかなものであり、主に効率性の向上を目的としたものだと語る。

今シーズン、大部分のサーキットでフェラーリのストレートスピードはメルセデスよりも優れているが、それは2台のマシンが生み出すダウンフォースとドラッグも関係している。

ルイス・ハミルトンは、メルセデスとしては“フェーズ3”でフェラーリに大きく近づくことを重要視してはいないと語る。

「2つ目の仕様とほとんど同じだ。実際の改善はそれほど大きくない」とルイス・ハミルトンは語る。

「僕たちは常にエンジン側のテクノロジーの最前線にいる。何年も僕たちは絶えず開発してきたけど、リーダーである場合、常にリードし続けるのは簡単ではない。困難になってきている。開発という点では、もう少し厳しい年だったと思う」

「でも、僕たちはまだ優れた信頼性を誇っている。私が1基目のエンジンでの最後のレースでも、僕のエンジンはレースを通して素晴らしいかった。この次のステップは最小のステップだと思う。0.05秒さえいかないかもしれない。でも、信頼性は向上し続けていると思う。僕たちが本当に注力しているのは効率性だ。効率性が鍵だと思っている」

新しいパワーユニットは、F1ベルギーGPでレーシングポイントとウィリアムズのカスタマーを含め、メルセデスをのパワーユニットを積む全3チームに搭載される。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス