F1 ルイス・ハミルトン
メルセデスのルイス・ハミルトンは、“自分の可能性のすべてを引き出す”ことに集中しているため、F1カナダGPの自分の走りを評価されなくても構わないと語る。

F1カナダGPでは、セバスチャン・ベッテルに科せられた5秒ペナルティにばかり話題が集中しているが、そこにはルイス・ハミルトンが絶えずかけていたプレッシャーも影響していた。

そのミスを誘った走りはもっと称賛されるべきだとの声も挙がっているが、ルイス・ハミルトンはそのような認識は特に必要ないと語る。

「正直、気にしていない。満足するためにそのような認識は必要ない」とルイス・ハミルトンは Speed Week にコメント。

その代りにルイス・ハミルトンはチャンスを最大限に生かすことに焦点を当てていると語る。

「自分の可能性をすべて引き出せたことの方が僕にとっては重要だ」とルイス・ハミルトンはコメント。

「僕はそんなに完璧ではない。2回目のフリープラクティスでは事故を起こしている。しばらく起こしていなったけどね。でも、それ以外は本当に良かった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルイス・ハミルトン | メルセデス