ハースF1代表 「シューマッハとマゼピンの緊張関係は話し合いで緩和」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、F1イタリアGPでの接触の後、わだかまりを解くために話し合いの場を持ったとし、チームは二人のドライバーの緊張関係を和らげるために進歩していると語る。

ニキータ・マゼピンは、F1イタリアGPでハミルトンとフェルスタッペンの事故によって導入されたセーフティカー後のリスタートでミック・シューマッハを抜こうとして接触。ミック・シューマッハはスピンを喫したが、両者はレースを続行した。

最終的にミック・シューマッハは、15位でレースをフィニッシュしたが、ニキータ・マゼピンはエンジントラブルで42周にリタイア。バーチャルセーフティカーが導入された。

ハースF1のチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、レース後の2人のドライバーはポジティブなものだったと語り、2021年の残りのシーズンで前進するために、2人のドライバーの緊張関係が解消されたことを期待していると語る。

「すべての面で我々にとって非常にエキサイティングなレースだった」とギュンター・シュタイナーは語った。

「明らかに、2人のドライバーで喧嘩があったが、彼らはそれについてわだかまりを解いている」

「話の内容はそんな感じであり、彼らはうまくいっている。我々はその点で進歩を遂げているし、このような形を継続できることを期待している。2人は前回のレースから学んだと思う。もう先に進んで、チームとしての提案を取り入れようとしている。今日起こったとしても、将来的にはこれが少なくなることを願っている」

「それについてはっきりしているなら、それは良いことだ。学習の一部であり、幸いにもマシンは酷い損傷は負わなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ミック・シューマッハ / ニキータ・マゼピン