ティモ・グロック
ティモ・グロックが、F1ブラジルGPへの意気込みを語った。

ティモ・グロック (ヴァージン)
「インテルラゴスは素晴らしいサーキットだし、走るのも楽しいけど、技術的にはチャレンジングだ。ラップ序盤でのセナの“S字”でブレーキキングは、F1で最高のオーバーテイクポイントのひとつだ。路面が急に低くなる素晴らしいコンビネーションだ」

「ツイスティなインフィールドで最大限のグリップを得ることと、ストレートのためにドラッグを最小限にすることとの間でマシンのバランスをとるのは常にチャレンジングだ。コーナーのいくつかはかなりバンピーだね。僕たちにとって、シーズンにわたって果たしてきた進歩を示すことが重要だし、シーズン最後の2レースでマシンのスピードを示すために懸命にプッシュするつもりだ。ここで良い結果を残せることを期待している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ティモ・グロック | F1ブラジルGP | ヴァージン