ジョージ・ラッセル、FIAに不満「ただのパンクでレース再開を阻止された」 / メルセデス F1イギリスGP 決勝
ジョージ・ラッセル(メルセデスF1)は、ホームレースとなるF1イギリスグランプリでFIA(国際自動車連盟)にレース再開を阻止されたことに不満を募らせた。

F1イギリスグランプリのスタートで、ピエール・ガスリーに接触してスピンしたジョージ・ラッセルの車は、スピンして周冠宇の車にヒット。周冠宇の車は逆さまにひっくり返り、1コーナーのグラベルまで滑り、タイヤバリアを飛び越えてフェンスに激突して、バリアとの間に挟まった。

ジョージ・ラッセルは、スタートタイヤに選んだハードタイヤにはグリップがなく、他の車に「飲み込まれた」と語った。

「まずは周が無事なのを見てうれしい」とジョージ・ラッセルはSky Sport F1に語った。

「本当に恐ろしい事件だった。予選を間違えてポジションを外してしまい、レース後半にベストなチャンスを得るためのリスクだと考えて、ハードタイヤでスタートするというリスクを冒したけど、まったくグリップがなかった」

「最も硬いコンパンドは冷えていた。すべての車に飲み込まれ、気づいたときには周のサイドに接触していた」

ジョージ・ラッセルは、車を降りて周冠宇がクラッシュした現場に様子を見に走った。その時、マーシャルはラッセルのW13を回収してフラットベッド・トラックに乗せ、自動的にレースから引退となった。

だが、ジョージ・ラッセルは、自力でピットに戻ることができたはずだと頑なだ。

赤旗中断中に、ジョージ・ラッセルとメルセデスF1チームは、レース再開を許可されるべきだとFIAに求めたが、彼らの嘆願は聞く耳を持たれなかった。

「周が大丈夫かどうか確かめるために車から飛び降りた。すぐに赤旗になったのを見た」とジョージ・ラッセルは語った。

「車に戻ったとき、なんらかの理由で車を始動させることができなかった。それで僕はチェックするためにチームに戻って走った、マーシャルには車をそのままにしておくように伝えた。でも、次に戻ったとき、車はフラットベッドの後ろにあった」

「どうやらあなたが援助を得るとすぐに再開することができなくなるようだ。車はパンクしただけなのでとてもイライラする。今日は6位に戻るペースがあったことは間違いない」

「現時点でそれらはFIAにかなり固執している。ユニークなシナリオの1つだった」

ジョージ・ラッセル メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1 イギリスグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス / F1イギリスGP