ジョージ・ラッセル 「ウィリアムズF1の難しい車での経験が役立っている」
ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズF1チームでの“非常に難しい車”の経験が、現在のメルセデスF1の苦闘のなかでルイス・ハミルトンに対して優位性を与えている可能性があると語る。

今年、ジョージ・ラッセルは、下位争いをしていたウィリアムズF1からチャンピオンチームのメルセデスF1に移籍したが、決して夢見ていたようなシーズンとはなっていない。

メルセデスF1は、レースでの勝利やワールドチャンピオンを争う代わりに、ポイント獲得を目指しながらポーポイズ問題を根絶することに苦労している。

しかし、あらゆるトラブルのなかで、ジョージ・ラッセルはポイントを積み重ねており、4つのグランプリをすべてトップ5で終えた唯一のドライバーとなっている。

メルセデスF1のチームメイトであるルイス・ハミルトンは、すべてのレースでポイント獲得すらできておらず、前戦エミリア・ロマーニャGPでは13位でレースを終えている。

そのため、ジョージ・ラッセルがルイス・ハミルトンよりもメルセデスF1の車から多くを引き出しているように見えるのはなぜかという疑問が生じている。

「おそらくウィリアムズでの非常に難しい車の運転での苦労で、いくつかの小さな点で助けになっているのかもしれない」とジョージ・ラッセルはGPFansによると言いました。

「今の僕たちにとってQ1とQ2は非常に重要だ。以前のメルセデスならば非常に楽だったし、Q3の準備をするためのほぼビルドアップセッションだった」

しかし、ジョージ・ラッセルは、ルイス・ハミルトンは挽回してくると考えている。

「ルイスは信じられないほど力強く戻ってくるだろう」とジョージ・ラッセルは語った。

「それを疑ってはいないし、彼は間違いなく僕をずっとプッシュするだろう」

今シーズンの自分自身の結果に関して、これまでジョージ・ラッセルはオーストラリアGPでの3位に入り、1つの表彰台の結果を獲得している。

現在、ジョージ・ラッセルは、ルイス・ハミルトンを21ポイント上回り、49ポイントでドライバーズチャンピオンシップで4位につけている。

「結果の観点から考えると、僕たちは間違いなくそれを最大限に活用しているし、これらの最初の4レースで物事は間違いなく僕たちの方に転がり込んできた」とジョージ・ラッセルはコメント。

「それは僕に自信を与えてくれているし、車が改善したときに僕たちがさらに多くのポイントを獲得するためにそこにいるだろうという自信をチームに与えてくれると確信している」

「でも、週末の前に言ったように、車のペースを改善しなければ、このレベルの結果を維持することはできない」

メルセデスは、バウンシングの問題を解決し、W13からペースを解き放つことを目的として、今週末のマイアミGPでさまざまなソリューションを試す。

「車を改良するためのいくつかの方向性を見つけた。これらのシミュレーションを相互に関連付けるためにマイアミで実験を行い、今後のレースの開発パスを確認できることを願っている」とメルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / メルセデス