フォース・インディア VJM04
フォース・インディアは、2011年F1マシン『VJM04』のトラックデビューが2回目の合同テストであるヘレステストであることを明らかにした。

大部分のチームは、2月1日からスタートするバレンシアテストで2011年F1マシンを走らせる予定であるが、フォース・インディアは、VJM04のデビューをヘレステストまで延ばした。

フォース・インディアのオトマー・サウナウワーCEOは「我々はシーズン開幕に向けての計画と新車VJM04の導入を慎重に検討している」と Reuters にコメント。

「チームは全4回のプレシーズンテストに参加する。バレンシアの初テストではVJM03を使用するが、次週のヘレスではVJM04をテストデビューさせる」

ヘレステストは2月10日〜13日に開催される。

大部分のチームは、新しいピレリタイヤの理解を深めるために出来る限り速く2011年マシンを準備することが不可欠だと考えているが、オトマー・サウナウワーはVJM04の準備に時間をかけることでフォース・インディアの全体的なペースに繋がると考えている。

「新車でのテスト開始を遅らせることで、新車のリリースにむけてパーツを得るための最も生産的な時期に風洞時間を2週間多くとれる」

「新車を早めに走らせることと、空力分野のための情報を増やすこととの間には常にトレードオフがある。我々の規模とリソースを考えると、それが我々の利点のためにうまく作用すると考えている」

関連:
フォース・インディア VJM04 (主要諸元表)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア | F1マシン