F1 国際自動車連盟 ジャン・トッド
FIA会長のジャン・トッドは、F1はコスト削減の答えとして予算キャップだけに頼ってはいけない語る。

F1の新オーナーであるリバティメディアは、将来の重要な変更としてチームの支出を制限することを挙げている。

しかし、ジャン・トッドは、F1をより安価にする他のレギュレーションと組み合わせなければ、予算キャップのコンセプトは失敗する可能性があると語る。

「我々はしばらくの間、コスト管理/コスト上限について話し合ってきた。それは良い動きであると信じている。だが、それは組み合わせでなければならないと思う」

「我々は実際のコストにいくつら影響を与えるレギュレーションを作る必要がある。予算キャップを作りますと言うだけでは、うまくいかないと思う。これまで、どんな試みもうまくいかなかった」

「それを達成するためにはより洗練されたものに合意得る必要がある」

F1のコマーシャル責任者は、予算キャップの詳細を煮詰めるためにこの冬にF1チームと個別に議論することになっている。

しかし、F1チームはコストについて何らかのことを実施する必要があることを認識しているが、コスト上限を定めることが有効かどうかについては懐疑的である。

レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、それを取り締まる方法に確信を持っておらず、それが過去に予算キャップの導入に失敗した理由のひとつだと考えている。

クリスチャン・ホーナーもジャン・トッドと同じく、予算キャップ自体はあまり精査の対象にならない場合は、コストを制限するために他のルールを整えることが不可欠だと語る。

「私はそれほど予算キャップのファンではない。全員の企業構造は異なっており、どのように取り締まることができるかについて懐疑的だからだ」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「上流のコストドライバーに対処できるように完全に協力しなければならない。なぜなら、コストはレギュレーションによって発生するかただ。レギュレーションが我々が費やす金額を決定する」

「なので、根本的な原因に対処しなければならない。そうすれば、予算に上限を設けることにそれほど敏感ではなくなる」

「キャップに全力を注いだ場合、ダムに圧力がかかりすぎる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: FIA