F1 スーパーライセンス F1レギュレーション
FIAは、F1のスーパーライセンス資格の変更を承認。チャンピオンに40ポイントが与えられるカテゴリーはF2(旧GP2)とインディカーだけとなった。

F1でレースをするには過去3年でスーパーライセンスポイントを少なくとも40ポイント集めなければならない。これまでのシステムでは、F2、ヨーロッパF3、フォーミュラE、インディカー、WECのLMP1クラスでチャンピオンになれば40ポイントを与えられ、F1への参戦資格が得られていた。

しかし、21日(木)にパリで開催されたFIA 世界モータースポーツ評議会でポイント構成の変更が承認され、各カテゴリーのポイント配分が変更されることになった。

F2は、上位3名のドライバーに40ポイントが加点される。過去2年間のGP2については変更はない。

インディカーは、これまでのポイント配分を維持。トップ3ドライバーにそれぞれ40、30、20ポイントが与えられ、以下10位までポイントが与えられる。

ユーロF3は、チャンピオンに与えられるポイント数が40から30ポイント、2位が30から25ポイントに減少。残りのポイントはない。

同じポイント配分はフォーミュラEにも適用される。

GP3はチャンピオンのポイントが30から25ポイントに減少、フォーミュラV8 3.5のチャンピオンは35から20ポイントに減少された。

WECのLMP1クラスは、チャンピオンが30ポイント、2位が24ポイントに変更されたが、4位から10位のドアイバーは獲得ポイントが増えている。

スーパーフォーミュラのチャンピオンは25から20ポイントに減少。トップ6のドライバーへの配分も少なくなり、フォーミュラV8 3.5と同じステータスとなった。

また、今回新たにSUPER GT、NASCAR Cup、IMSAなど、いくつか新しい選手権がスーパーライセンスの構造に追加された。

SUPER GTでは、3年間でチャンピオン2回、3位以内1回でF1スーパーライセンスの受給対象となる。

ホンダが2018年からトロ・ロッソにF1エンジンを供給することで日本人ドライバーのF1への道が残されたが、ホンダの育成ドライバーでは、F2に参戦する松下信治は現在4ポイント3位以内、GP3に参戦する福住仁嶺は6ポイントでGP3でチャンピオンになったとしても40ポイントには届かない。

F1 スーパーライセンスポイント

選手権1位2位3位4位5位6位7位8位9位10位
FIA F24040403020108643
GP2404030201086432
インディカー40302010864321
ヨーロッパF330252010864321
フォーミュラE30252010864321
WEC (LMP1)3024201612108642
GP325201510753210
フォーミュラV8 3.5201086432100
スーパーフォーミュラ201086432100
WEC (LMP2)1512107532100
WTCC1512107532100
DTM1512107532100
SUPER GT1512107532100
NASCAR Cup1512107532100
インディライツ1512107532100
Supercars131196432100
IMSA prototype121075321000
各国FIA F4121075321000
各国F310753100000
フォーミュラ・ルノー2.010753100000
フォーミュラ・マツダ10753100000
Asian/ELMS prototype10864200000
WEC (GTE Pro)10864200000
WEC (GTE Am)10864200000
IMSA GTLM10864200000
International GT36420000000
Formula Academy (FFSA)5432100000
CIK-FIA世界選手権(シニア)4321000000
CIK-FIA世界選手権(ジュニア)321 000000


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: FIA