F1 DRS
FIAは、2013年のグランプリ週末でフリー走行と予選でも、DRSゾーン以外でのDRSの使用を制限する予定である。

2011年にDRSが導入されて以来、レースではDRS起動ゾーンが適用されているが、フリー走行と予選はどこでもDRSを使用することができた。

しかし、ドライバーが危険を冒してコーナー出口で早めにDRSを使用する懸念があり、FIAの技術代表チャーリー・ホワイティングは、安全性の理由で不満であることをチームに伝えた。

チャーリー・ホワイティングは「フリー走行と予選でもレースで認められる場所以外でのDRSの使用を禁止するつもりだ」とコメント。

「先日、チームにそのように伝えた。安全性の理由のためにそうしたい」

「いくつか出来事があり、ドライバーは(DRSの早期使用が問題になることが)ますます増えていると話している」

「DRSの早期使用は、アクセルの早期使用とそれほど変わらないのではないかという反論もあるかもしれない。しかし、DRSはオンかオフのスイッチであるのに対して、アクセルは調節可能だ」

チャリー・ホワイティングは、この変更を施しても、DRSのオーバーテイクの有効性は低下しないと自信を持っている。

FIAは、あらゆるレース週末のデータに基づいてDRSの綿密な分析を実施しており、チームはDRSを予選と決勝でのDRSゾーンを最大限に活用するためにマシンをセットアップできるようになる。

「DRSのポイントは、レース中にオーバーテイクの機会を増やすことだった」とチャーリー・ホワイティングは述べた。

「以前は、予選とフリー走行では使ってほしくなかったが、それはDRSの効果が低下する可能性を心配していたからだ」

「今では、あらゆる情報を元にDRSのパワーを低下させるべきではないと信じている」

「チームは、おそらくサーキットの2ヶ所でしか使うことができなくなるが、それでもメリットはある」

「今と同じように機能すると信じている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: FIA