フェラーリ、2023年からWECのハイパーカーカテゴリーへの参戦を発表
フェラーリは、2023年からWEC(FIA 世界耐久選手権)の新しいハイパーカーカテゴリー(LMHクラス)に参入することを発表した。

フェラーリは、1973年以来初めて耐久レースのトップクラスに戻り、WECの新しいハイパーカーカテゴリーで、トヨタ、グリッケンハウス、プジョー、ポルシェ、アウディなどのハイパーカーと戦う。

フェラーリは、耐久レースとル・マン24時間レースで長く輝かしいレースの歴史を持っている。1960年代の有名なフォードとの戦いを含め、1965年を最後にル・マンで合計9回優勝している。

しかし、近年、フェラーリはル・マンのGTカテゴリーで多くの成功を収めており、2019年に大成功を収めたAFコルセのフェラーリ488 GTE EvoでGTEプロカテゴリーを最後に優勝。同チームは、2017年の最初のGTマニュファクチャラーズ選手権を含め、GTE Proタイトルを4回獲得している。

フェラーリのハイパーカープログラムの詳細は、後日発表される。

ジョン・エルカーン(フェラーリ会長)
「70年以上のレースで、世界中のトラックで、我々は最先端の技術ソリューションを探求することで、クローズドホイールカーを勝利に導いてきた。トラックから生まれ、マラネッロで生産されるすべてのロードカーを並外れたものにするイノベーションだ。新しいLMHプログラムにより、フェラーリは再び主要な世界的なモータースポーツイベントの主役になるというスポーツへの取り組みと決意を主張する」

ジャン・トッド(FIA会長)
「2023年からのLMHエントリーによるFIA世界耐久選手権へのフェラーリのコミットメントの発表は、FIA、ACO、そして、モータースポーツのより広い世界にとって素晴らしいニュースだ。私は、FIA WECとル・マン24時間レースで競う市販車関連のハイパーカーのコンセプトを信じている。この伝説的なブランドがこの野心的なプロジェクトに取り組むのを楽しみにしている」

ピエール・フィヨン(フランス西部自動車クラブ会長)
「今日は耐久レースにとって素晴らしい日だ。フェラーリはル・マン24時間レースとFIA世界耐久選手権でトップレベルに戻ってきてくる。ハイパーカーフィールドはいくつかの壮大な戦いを約束する。2023年にフェラーリと並び、すでに参加を表明している多くのメーカーは、100周年のレースに勝つために最大限の努力をする。これは、ルールベースが明るい未来を築くための確固たる基盤を形成する分野にとって素晴らしいニュースだ」

リシャール・ミル(FIA世界耐久委員会 会長)
「LMHコンセプトを開発するために多くのリスクを冒し、LMHのありたい姿の精神を捉えるために、レギュレーションの定義に多大な努力と忍耐を注いできた。それは技術的なアプローチと車の美学の観点からさまざまな哲学を可能にすることだ。今日、我々は達成された結果に満足することができ、フェラーリは他の有名なブランドに加わった。フェラーリはスポーツカーレースで長く名誉ある記録を持っており、最近ではFIA世界耐久GTマニュファクチャラーズチャンピオンシップで優勝しているが、ル・マン24時間レースでも総合優勝を果たしている。やるべきことはまだたくさんあるが、我々はすでに歴史が作られているのを目の当たりにしており、数年後にはFIA WECグリッドがこれまでで最強になるはずだ」

フレデリック・レクイエン(FIA WEC CEO)
「フェラーリが新しいハイパーカーカテゴリーに加わるというニュースは、驚くべきものだ。さらに驚くべきことは、フェラーリが少なくとも5つの他のメーカーに加わって、2023年からWECのトップクラスのカテゴリーで競うことだ。このシーンは、耐久レースの歴史の中で忘れられない時期を迎えている。我々の新しいレギュレーションが非常に多くの有名な自動車ブランドを引き付けたことを嬉しく思う。フェラーリはハイパーカーの代名詞である一流のブランドであるため、コース上で非常に競争力があることは間違いない。フェラーリが耐久レースのトップクラスに戻ることを光栄に思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / WEC (FIA世界耐久選手権)