「フェラーリF1はイギリスに拠点を移すべき」とマーク・ウェバー
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、フェラーリF1が栄光を時代を取り戻したけど、英国に移動して異なる考え方を取り入れる必要があると考えている。

フェラーリF1は、2008年にコンストラクターズ選手権を獲得して以降タイトルから遠ざかっているが、2020年もSF1000の状況を考えるとその干ばつを終わらせる可能性は低い。

フェラーリF1への批判は、マシン開発だけに限定されているわけではない。F1オーストリアGPの最初のレース週末にはセバスチャン・ベッテルは実際には事実上の解雇だったことが明らかになっている。

多くの人々は、マッティア・ビノットの手腕に疑問を抱いており、フェラーリF1内のコミュニケーション不足を指摘している。元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、フェラーリF1は一層の子とイギリスに本拠地を移転し、新しいスタートを切る必要があると考えている。

「長く所属するドライバー(セバスチャン・ベッテル)が、電話やプレスリリースで伝えられる状況はどういうことか?」とマーク・ウェバーは Channel 4 に語った。

「コミュニケーションは非常に貧弱だ。フェラーリF1が、ジャン・トッド、ロリー・バーン、ロス・ブラウン、ミハエル・シューマッハの下での栄光の日々を取り戻すには、チームはイギリスに移り、イギリス人の影響力とレーサーのメンタリティを持つ必要がある」

「マラネロは素晴らしい。ロマンチックではあるがが、彼らはトロフィーを獲得しいない」

同じく Channel 4 で評論家を務めるデビッド・クルサードも同じ考えを持っている。フェラーリF1とセバスチャン・ベッテルのコミュニケーションプロセスを批判した。

「そこには明確なコミュニケーションの問題があると思う」とデビッド・クルサードは語った。

「(共同での)プレスリリースについて意見が一致していないのに、どのようにして彼らはマネージャー、レースエンジニア、レースドライバーとの間の親密な関係、このレベルで勝つために必要な情熱を得ることができるのか?」

「今の彼らにそれがないのは明らかだ」

セバスチャン・ベッテルとの契約を更新しなかったことに対するマッティア・ビノットの説明もF1パドックの面子は眉をひそめた。

「パンデミックは非常に奇妙な言い訳だ。彼が彼の首を切り、『来年君のサービスは必要ない』と言っているからだ」とジェンソン・バトンは Sky Sports F1 に語った。

「4回のワールドチャンピオンであり、彼は何年にもわたってフェラーリF1でレースに勝利している。僕としては、彼は昨年かなり良い仕事をしたと思う。彼は、4回のワールドチャンピオンが通常はしないだろういくつかのミスもあったけどね」

「彼は特定の場所でもっと良い仕事ができたと言う人もいるかもしれないが、誰にもわからないことだ」

「彼は非常に優れたドライバーであり、昨年はすべきではないミスをいくつか犯したが、彼のチームメイトもまた昨年はすべきではないミスを犯している」

「実際にシーズンが始まる前の早い段階で、彼らが2021年に彼をマシンに乗ないことを決定したのは非常に奇妙に思える」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ