F1 フェラーリ
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、2020年もドライバーラインナップを変更せずに臨むと述べている。

セバスチャン・ベッテルの将来については多くの憶測を呼んでおり、最近では古巣レッドブルに復帰するとの噂もある。レッドブルは不振のピエール・ガスリーに代えてアレクサンダー・アルボンの起用を発表している。

セバスチャン・ベッテルは今シーズン前半に満足していないと語り、10点満点中5点だと自己評価している。

「5点だね。前半戦には満足している」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

しかし、マッティア・ビノットによって、セバスチャン・ベッテルとの2020年の契約を守らない理由はない。

「我々には2人のハイレベルなドライバーがいる。何かを変更しなければならない理由はない」とマッティア・ビノットは Marca にコメント。

「二人とも契約があるし、ベッテルが2020年も我々と一緒にいることは間違いない」

また、マッティア・ビノットは今季からフェラーリに加入したシャルル・ルクレールを以下のように評価する。

「シャルルはフェラーリでの初年度であり、多くのプレッシャーがある」とマッティア・ビノットはコメント。

「彼はいくつかミスをした。だが、彼はそこから学び、繰り返さないことが重要だと考えている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ