フェルナンド・アロンソ、いよいよフェラーリ加入へ
フェラーリは、フェルナンド・アロンソとの2010年の契約を日本GPで発表することがほぼ確定したという。

弁護士は、キミ・ライコネンとフェラーリとの契約を解除し、ライコネンをマクラーレンへ復帰させるための最後の詳細に取り組んでおり、フェラーリはできるだけ早く2010年のドライバーを発表したいことを認めた。

フェラーリのチーム代表ステファノ・ドメニカリは、日曜日にシンガポールで「準備が出来次第、すぐに知らせるだろう。あまり長く待ちたくはない」とコメント。

また鈴鹿で発表するかとの質問には「可能性はあるが、保証はない」と述べた。

フェラーリだけでなく、ルノーもアロンソがフェラーリへ移籍するとの噂を否定していない。

ルノーのマネーイングディレクターであるジャン・フランソワ・コベは、シンガポールGPのあと、ルノーはアロンソが今シーズン限りでチームを去るのを見るのは悲しいだろうとコメントしている。

「フェルナンドがルノーを去るのは寂しくなるし、ルノーもフェルナンドがいないのを寂しく思うだろう」

フェルナンド・アロンソのフェラーリ移籍が発表されたあと、ルノーはロバート・クビサが2010年にチームに加入することを発表するとみられている。

関連:
ルノー、ロバート・クビサとの契約を正式発表 - 2009年10月7日
フェラーリ、フェルナンド・アロンソとの契約を正式発表 - 2009年9月30日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / フェルナンド・アロンソ