F2アブダビ大会
F2選手権第12戦アブダビ大会は、ヤス・マリーナ・サーキットでレース1が行われた。午後6時45分のレース開始時、気温25℃、路面温度27℃のコンディションです。松下信治(Carlin)は、2列目4番手からスタートし、レース終盤にタイヤ交換を行う戦略で、優勝を狙った。

スタートでは、周りの上位陣がウルトラソフトタイヤでのスタートで、直後に後続にパスされ5番手となった。しかし、その後のブレーキング争いでポジションを回復し、1周目は4番手で終了した。

3周目には、松下信治とタイヤ戦略も異なる上位陣のペースが大きくダウンし、松下信治は1台ずつパスしてトップに立った。タイヤに苦しむ後続を尻目にペースをあげた松下信治は、その差を広げていく。

3周目にトップに立った松下信治は、その後タイヤマネージメントに気を配りながら後続との差を広げる。中盤以降、松下信治と同じ戦略のマシンが徐々に差を詰めてきったが、松下信治はタイヤマネージメントに徹した走りを見せレース終盤までトップをキープした。レースは終盤にピットインを控えた松下信治と、早めにタイヤ交換をした選手とのタイヤマネージメントとペースの勝負になった。

27周目、松下信治はタイヤ交換のためにピットイン。レースに戻った段階では、早めにピットインした2台が先行していた。ニュータイヤでペースを上げた松下信治は30周目に前車をパスし2番手に浮上。残り1周でトップを追いますが、惜しくも届かず2位でフィニッシュした。

2位と健闘した松下信治だが、ランキング4位の選手が勝利したため、松下信治の目標であるランキング4位には届かないことが確定している。

レース2は12月1日(日)午後1時30分(日本時間午後6時30分)にスタート。リバースグリッドにより、松下信治は4列目7番手からシーズン最後のレースに挑む。

松下信治(レース1・2位)
「(予選で自分より前だった)チームメートとは違う戦略でいこうと考えていて、プライム(ソフト)−オプション(ウルトラソフト)という戦略を取りました。ちょっとリスクは高いけれど、(セーフティーカーなど)何もなくてよかったです。スタートは、自分も少しホイルスピンが多かったし、周りはオプションタイヤが多かったので、ポジションは上げられませんでした。レース中は、タイヤマネージメントに気を配りながらの走行でしたが、それでもタイヤは厳しかったです。自分としてはすべて出し切ったレースでしたし、できる限りのことはやれたと思います。ただ、優勝したマシンは速かったですね。レース2も、最後まで全力でがんばり優勝を目指します」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2