F1技術解説:バウンシング解消を目的とした2023年のルール調整
F1、FIA(国際自動車連盟)、およびFチームのテクニカルディレクターとの技術諮問委員会の会議に続き、先週の木曜日にバウンシングを減らすために2023年のF1レギュレーションにいくつかの調整が提案された。F1の技術専門家であるマーク・ヒューズは、2023ね年に向けて何がテーブルに置かれているのか、そして、それがF1チームに与える可能性のある影響について考察した。

F1ベルギーGPから実装される車の垂直振動測定とそれに関連するフロアプランクの柔軟性に関する変更に加え、FIAはバウンシングの問題にさらに対処するために2023年のF1レギュレーションにその後4回の一連の修正があることを発表した。(世界モータースポーツ評議会の承認が必要)。

フロアエッジを25mm上げる
フロアの側面を上げると、F1チームがベンチュリトンネルの後方部分を周囲の気圧に対して物理的に密閉することがより困難になる。現時点では、この方法で足回りのダウンフォースを増やすことは可能だが、気流を失速させ、ポーポイズ現象が開始するという危険が伴い、すべての車が多かれ少なかれ苦しんでいる。

ディフューザースロートが上がる
最も収縮しているフロア下トンネルのポイントは「スロート」と呼ばれ、これが圧力変化を引き起こし、気流を非常に見事に加速させ、ダウンフォースを増加させる。

スロートはトンネルの長さの後方にあり、ドライバーが座っている場所のすぐ下にある。対気速度は、対気速度と地面の間の最後の数ミリメートルのギャップで指数関数的に増加する。しかし、ある時点で、そのギャップが小さくなりすぎて、気流が停止する可能性がある。

調整によってディフューザースロートを上げると、車の下側全体が動的な車高の変化に対してはるかに耐性をもつようになる。

横方向のフロアたわみ試験
フロアが横方向に曲がることができる量を制限すると、隆起したエッジとともに、フロアのアウターエッジを使用してアンダーボディを密閉する可能性が低くなる。

垂直加速度用のより正確なセンサー
F1ベルギーGP以降、車の垂直加速度は、元々事故の影響を記録する目的で、すでに設置されているセンサーによって測定される。したがって、これらのセンサーは今シーズンのバランスのために二重の機能を果たすが、2023年には、垂直方向の跳ね返り力をより正確に記録するための特定のセンサーが追加される。

これらの措置は、オーストリアグランプリの後の木曜日にF1の技術諮問委員会が会合した後、FIAによって発表された。FIAは声明の中でその立場を要約した。

「安全問題に介入することはFIAの責任かつ特権であり、レギュレーションがそのような措置を講じることを許可している理由は、各チームが自分自身を見つける可能性のある競争力に影響を与えることなく、決定を下せるようにするためだ 」とFIAは声明で述べた。

「これらの措置は、F1チームが車を設計するためのギュレーションを明確にすることが不可欠であるため、検討と承認のためにまもなく世界モータースポーツ評議会に提出される予定だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / FIA