F1、2023年にロールフープに“より厳格な措置”を導入 周冠宇の大クラッシュが契機
FIA(国際自動車連盟)は、2023年にF1マシンのロールフープに「より厳格な措置」を導入する予定発表。正確な内容は今後決定していく。

F1イギリスグランプリのオープニングラップで、アルファロメオF1の周冠宇は、車が逆さまになったまま高速でグラベルまで滑り、バリアを超えてフェンスに衝突する大クラッシュを喫したが、奇跡的に怪我をせずに済んだ。

路面に激しく叩きつけられ、こすりつけられた周冠宇の車は、ロールフープが完全に壊れ、ドライバー保護デバイスであるHalo(ヘイロー)だけがの残っていた。

周冠宇は、救急車でミディカルセンターまで運ばれたが、幸運にも数時間後にリリースされ、レース終了時はアルファロメオのパドックにいた。

F1の技術諮問委員会は木曜日に会合し、他の問題とともにFIAと話し合い、2023年にロールフープに関する新しいルールが施行されることを発表した。

FIAは「チームは2023年にロールフープにさらに厳格な措置を導入するための可用性を確認し、FIAは関連する分析を完了し、ロールフープの安全性に関する新しい要件をチームに伝達することを約束した」と声明で述べた。

それらの対策が正確にどうなるかはまだ決まっていない。

アルファロメオF1チームは、まだ周冠宇のロールフープの崩壊を調査している。

「まだ調査中であり、我々はクラッシュに関するすべての情報をFIAと共有していく」とアルファロメオF1のチーム代表であるフレデリック・ヴァスールは語った。

「最初の問題は、クラッシュがクラッシュテストの負荷の2倍程度だったことだ。皆さんがターマックを見たかどうかはわからないが、ターマックに4~5センチの深さの溝を掘っていた」

「クラッシュテストのレベルとは関係ない。常に少し大きなものを見つけることができる。安全性を向上させる方法を確認するために、我々サイドとFIAと一緒に行動を起こす必要がある」

フレデリック・ヴァスールは、F1ドライバーに関して、車がひっくり返ったときに最初のヒットは、安全性テストで義務付けられているものよりもハードだったと語った。

周冠宇は「最初のヒットは、チームが安全性テストで調査したものよりもはるかにハードであり、我々が望む数値よりも数倍ハードだったと思う」と語った。

「それは明らかに問題を引き起こした」

国際自動車連盟 F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / FIA