F1:2022年から3DレーザースキャンでF1マシンの合法性を検査
F1は、2022年の次世代F1マシンでウイングの負荷テストを含め、さらに厳格な車検を実施することになるようだ。

F1は2022年にレギュレーションを大幅に変更し、ダウンフォースの生成方法をグランドエフェクト効果に切り替えた次世代F1マシンが登場する。これらの新F1レギュレーションの大きな要因のひとつは、開発が制限されることだ。

そのため、F1チームは、フィールド全体でより緊密なレース、多くのオーバーテイク、小さなギャップを生み出すというFIA(国際自動車連盟)の意図を打つ砕くことができなくなる。

しかし、今シーズンが示しているように、F1チームはリアウィングにある程度の柔軟性を持たせることで、特にストレートで追加のペースを見つけることができる。

レッドブルとメルセデスはリアウイングの曲がりがストレートでドラッグを減らすという論点で争っており、最近のラインドでは、レッドブルが、メルセデスのリアウイングの下側のメインプレートの湾曲をした。

F1カタールGPでは、リアウイングに屈曲問題に対処するために新しいテストが導入された。しかし、Auto Motor und Sport のマイケル・シュミットのレポートによると、これらは「実験的」であり、「シーズンの最後の2レースでテストが義務付けられるというレッドブルの願いは叶わない」と述べている。

とは言うものの、この問題は2022年のFIAにとって重大な懸念事項となる。なぜなら、設計者は、F1マシンに可能な限り多くの柔軟性を組み込むことによって、厳しい制限にもかかわらずパフォーマンスを向上させることができるからだ。

「ウイング、アンダーボディ、フェアリングパーツの柔軟性の問題は、来年も引き続きF1を悩ませるだおる」

「2022年のレギュレーションは、エンジニアに非常に厳しい制限を設定しているため、特定のコンポーネントを柔軟に設計する際に救済を求めている」

したがって、2022年に厳格なテストを導入することは、レッドブルにとって喜ばしい結果に、喜ばしくない結果にもなり得る。

「FIAは間違いなく2022年に向けてより厳しいウイングテストを導入したいと考えているとAuto Motor und Sportは述べた。

しかし当然のことながら、FIAが警戒しているのはウイングだけではない。

「マシン下のウイングのプロファイルとディフューザーの領域には特に注意する必要がある。そこは特定のトリックで多くのラップタイムを稼ぐことができる」とF1の最高技術責任者であるパット・シモンズは語った。

そのため、F1は2022年から精査方法が大幅に変更され、F1マシンは「合法性ボックス」に分割され、ルールに違反していないことを確認するために3Dスクリーニングが使用される。

「F1は、来年のマシンのチェックがあまりにも多くの作業にならないように予防策を講じている」とAuto Motor und Sportは報道。

「折り尺を使用した古典的な測定は歴史になる。FIAガレージの測定プラットフォームは、マシンの重量を測定するためだけにある」

「未来のマシンは合法性ボックスに分割されており、FIAが3Dモデルとして利用できるようにする必要がある。技術コミッショナーは、レーザー技術を使用して現場でマシンをスキャンし、保存されている仕様に準拠しているかどうかを確認できる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン