2021年 F1マシン:新車発表スケジュール…全チームの発表日が出揃う
2021年のF1世界選手権を戦うF1マシンの発表会がスタートしているが、まだ未定だったハースF1が新車発表日を告知し、全チームの新車発表日が出揃った。

2月15日(月)にマクラーレンが全チームの先陣を切って新車『MCL35M』を発表。19日(金)にはアルファタウリ・ホンダが『AT02』、22日(月)にはアルファロメオが『C41』、そして、23日(火)にはレッドブル・ホンダが『RB16B』を発表。

新車を発表した4チームのうち、マクラーレン、アルファタウリ・ホンダ、レッドブル・ホンダの3チームはすでに新車でのシェイクダウンを終えている。

2月26日(金)にフェラーリが『SF21』を発表。フェラーリF1は2つのデジタルローンチイベントを実施する。1つ目は2月26日のチームイベント、2つ目はバーレーンでのプレシーズンテスト開始の2日前となる3月10日(水)となる。フェラーリは新加入のカルロス・サインツがシャルル・ルクレールとチームを組む。

3月2日(火)には王者メルセデスが『W12』を発表。メルセデスはルイス・ハミルトンと2021年の契約をようやく発表。バルテリ・ボッタスとのペアは5シーズン目を迎える。

同日2日には、ルノーからブランドを変更するアルピーヌF1チームが『A521』を発表。すでに白・赤・青の暫定カラーを発表しているチームは、2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソとエステバン・オコンを起用する。

3月3日(水)にはレーシング・ポイント改めアストンマーティンF1チームが『AMR21』を発表。4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルが加入したチームは、伝統のブリティッシュグリーンのカラーリングを採用することは公然に秘密であり、昨年までのタイトルスポンサーであるBWTのピンクが何等かの形で差し込まれることを示唆している。

3月4日(木)にはハースF1が『VF-21』のカラーリングをオンラインで公開。今季、FIA-F2チャンピオンのミック・シューマッハと同5位のニキータ・マゼピンという2人のルーキーを起用するハースF1は、新型コロナウイルスの渡航制限によってエンジンをインストールを担当するフェラーリのエンジニアが英国に入国するスケジュールを立てられず、初始動はテストのためにバーレーンに到着してからになることを明らかにしている。

3月5日(金)にはウィリアムズが『FW43B』を発表。昨年、ドリルトンキャピタルによる買収後、2021年はウィリアムズ家が運営に関与しない最初のシーズンとなる。新CEOにはヨースト・カピトが就任し、昨年暫定チーム代表を務めていたサイモン・ロバーツがフルタイムでチームを率いる。また、今季はシニアアドバイザーとして元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンが関与する。

2021年 F1新車発表スケジュール
マクラーレン(MCL35M):2月15日
アルファタウリ・ホンダ(AT02):2月19日
アルファロメオ(C41):2月22日
レッドブル・ホンダ(RB16B):2月23日
フェラーリ(SF21):2月26日&3月10日
メルセデス(W12):3月2日
アルピーヌ(A521):3月2日
アストンマーティン(AMR21):3月3日
ハース(VF-21):3月4日
ウィリアムズ(FW43B):3月5日

2021年 F1プレシーズンテスト(バルセロナ)
3月12日~14日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン