F1
2020年のF1世界選手権にむけたプレシーズンテストが2月19日(水)にスペイン・バルセロナのカタロニア・サーキットでスタート。それに先駆けて、多くのチームが新車のシェイクダウンを完了させている。

一番に新車をシェイクダウンさせたのはレッドブル・ホンダ。2月12日にシルバーストーン・サーキットでRB16のシェイクダウンを実施し、トラブルフリーで走り終えている。

その後、メルセデス、アルファロメオ・レーシング、マクラーレン、アルファタウリ・ホンダ、ハースF1チーム、ルノー、そして、ウィリアムズが新車のシェイクダウンを完了。フェラーリとレーシングポイントのみ、テスト初日が新車での初走行となる。

レッドブル・ホンダ RB16
レッドブル・ホンダ RB16

メルセデス W11
メルセデス W11

アルファロメオ・レーシング C39
アルファロメオ・レーシング C39

アルファタウリ・ホンダ AT10
アルファタウリ・ホンダ AT10

マクラーレン MCL35
マクラーレン MCL35

ウィリアムズ FW43
ウィリアムズ FW43

ハース VF-20
ハース VF-20

ルノー R.S.20
ルノー R.S.20

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン