F1 ブレンボ
ブレンボは、2021年のF1世界選手権で標準ブレーキシステムの供給に名乗りを上げた。

F1は2021年にチームの運営コストの削減を望んでおり、そのひとつの方法として標準パーツの導入を目指している。標準パーツはギアボックス、ホイール、ブレーキがリストアップされている。

ブレーキメーカーのブレンボは、標準ブレーキ供給に入札したことを明らかにした。

「それについてはっきりさせておきたい」とブレンボのパフォーマンス責任者を務めるマリオ・アルモンドは Autosport にコメント。

「我々がF1のパートナーとして関与している主な理由は、競合他社よりも優れていることを証明するためだ。我々は常にこの哲学を持ってきたし、今後も保っていく。とは言え、特定の物事はF1チームのコスト削減をもたらすだろう。ブレーキシステムはその一部だ」

マリオ・アルモンドは、ブレンボがブレーキ装置とディスクやパッドのような消耗品の両方に入札していることを明らかにした。

「2社の入札があった場合には競い合うことになるのは明らかだが、今でもAPレーシングはブレンボと競争している。それは事実だ」

F1は可能な限りすべての側面でアドバンテージを見つけることが重要だと考えられており、パーツの標準化の動きは物議を醸しているもの事実だ。

元フェラーリでオペレーティングディレクターを務めていたマリオ・アルモンドは「標準パーツの決定に同意しているとまでは言わないが、F1が魅力的なイメージを得ようとしていることを英海しなければならない」とコメント。

「今はメルセデスが支配し、フェラーリとレッドブルがその背後にいる。3チームがトップにいて、残りはその後に続いている。F1として決断をしなければならない。すべてのチームが勝利を争うことを望んでいるのであれば、これは進むべき道だ。同意する必要はない。それが重要であることを理解しさえすればいい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1マシン