2017年 F1マシン 最低重量
2017年F1マシンの最低重量が、ピレリの幅広タイヤの重量増によって6kg増やされることになった。

数週間前に発表されたF1技術規約では、FIAは各マシンの最低重量は燃料を差し引いた状態で常に722kgと定められていた。

しかし、ピレリの2017年F1タイヤの重量増により、FIAは重量制限の微調整を命じた。

追加された6kgの重量は、2016年のタイヤセットを2017年に換算したその差となる。

昨年のF1マシンの最低重量は702kgだったが、2017年は26kg増加し、728kとなる。それでも、大きなウィングの導入とメカニカルグリップの強化により、全体的にパフォーマンスはアップするとみられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1マシン