エステバン・オコン、F1復帰に自信 「寝る間も惜しんで頑張ってきた」
エステバン・オコンは、2020年にF1に復帰するために“寝る間も惜しんで”懸命に頑張ってきたと語る。

2018年にフォース・インディアのレースシートを失ったエステバン・オコンは、今年メルセデスのリザーブドライバーの役割を務め、来年、ルノーと契約を結んでF1復帰を果たすことになった。

「特にシーズン序盤は自分が忘れられてしまうことを恐れていた」とエステバン・オコンは RMC Sport にコメント。

その恐れに打ち勝つために、エステバン・オコンは、例えグランプリの会場で目に見えて疲れているように見えたとしても、これまで以上に懸命に仕事をしてきたと語る。

「一年中そんな感じさ」とエステバン・オコンは微笑む。

「クルマがスタートするたびに僕はそこにいた。それが違いを生んだと思う」

「人々は僕がそこにいるのを目にしていたし、それが僕が望んでいたことだ。寝る間も惜しんで頑張ったよ。僕はシミュレーターに乗っていたので土曜日に飛行機に乗り込んでいた。チームのボスを喜ばせた」

「結局のところ、F1は小さな世界であり、僕は戻ってきた。満足しているよ」

エステバン・オコンは、トップ3へ返り咲くことを目指しているルノーのプランに貢献できると考えていると語る。

「チームに新しい空気をもたらして、僕が経験したこと多くのものをもたらせると思う」とエステバン・オコンはコメント。

「僕たちは一緒に前にいるチームに追いつくためにできる限りのことをしていく」

エスタエバン・オコンは、今年シミュレーター以外であまり運転していないが、2020年に向けて準備がはできていると主張する。

「シミュレーターはパワフルだけど、トラックとは異なる」とエステバン・オコンは認める。

「プレシーズンのテスト日があるけど、来年は2日少なくなる。しばらく運転していないのはあまり良いことではない。でも、メルボルンで準備ができれていれば十分だ」

フランス出身のエステバン・オコンは、自身とルノーにとってのホームレースとなるF1フランスGPで表彰台に立つことが究極の夢だと語る。

「しっかりテストをして、開幕戦で自分たちのポジションを確認して、そのあとどうなるか見ていきたい。目標は上位チームを悩ませることだけど、現時点ではまだそこにいない」とエステバン・オコンは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エステバン・オコン / ルノー