ペドロ・デ・ラ・ロサ
ペドロ・デ・ラ・ロサは、2013年のタイトル争いは接戦になると予測している。

プレシーズンテストでは、レッドブル、マクラーレン、ロータス、メルセデス、そしてフェラーリの全てがかなり接近しているようだった。

新たにフェラーリのテストドライバーに就任したペドロ・デ・ラ・ロサは「チャンピオンシップは最終戦で決まるだろう」と Speed Week にコメント。

「チーム間の差は最小限だし、細部が違いを生むことになるだろう」

「勝つのは、ミスが最小で、クルマにベストな開発を施せるチームだ」

フェラーリのチーフデザイナーを務めるニコラス・トンバジスも、ペソロ・デ・ラ・ロサの“細部”という評価に同意する。

「我々は、いくつか小さな違法行為をすでに見ている」と語るニコ・ニコラストンバジスは、おそらくウィリアムズとケータハムのエキゾースト、ルノーのエンジンマップ論争のことを示唆。

「このような規約では、2009年のダブルディフューザーのようなものを見ることはないと思う」

冬季テストのサプライズは、特にメルセデスのペースだ。

「ニコ・ロズベルグは素晴らしいテスト最終日を過ごしていたね」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「彼とルイス・ハミルトンがどれくらい危険かを示していた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ペドロ・デ・ラ・ロサ / フェラーリ