シャルル・ルクレール、予選4番手 「決勝用にセットアップを少し妥協した」 / フェラーリ F1エミリア・ロマーニャGP 予選
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2021年のF1世界選手権 第2戦 F1エミリア・ロマーニャGPの予選を4番手で終えた。

開幕戦から好調のフェラーリは、イモラでも優れたパフォーマンスを示している。決勝向けのセットアップによって予選に少し苦戦したというシャルル・ルクレールだが、当面のライバルと考えられるアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーを上回って4番グリッドを獲得した。

「昨日と比べて少し望んでいたラップタイムを出すのに少し苦労しはしたけど、とても良い予選だった」とシャルル・ルクレールはコメント。

「セットアップ面で小さな妥協をしているので、明日のレースでそれが役立つはずだ。それによって予選は少し難しくなったけど、どうなるか見てみよう。シケインで小さなミスをしてしまい、そこであと0.07~0.08秒くらい縮められたかもしれないけど、タイムシートを見れば、それでポジションが変わることはなかっただろうし、今日は4番手に満足している」

「トラックは素晴らしい。ミスをする余裕のないところが大好きだ。あまりタイヤマネジメントの必要はない。それはレース全体でプッシュできるということだし、それは僕たちドライバーが好きなことだ。エキサイティングだけど、難しいレースになるはずだ」

「僕たちは少しストレートスピードが欠けているので、逃げきれる十分なペースがあることを願っている。そうでなければ、少し難しいレースになるだろう。でも、全体的な僕たちのパフォーマンスはバーレーンよりも良くなっている。サヒールでの4番グリッドは本当にサプライズだったけど、今日はそれほどでもない」

「チーム内には多くのモチベーションがあるし、勢いもある。それを生かして、チームとしてできる限り懸命に仕事をし続けなければならない。地に足を付けて、過去数か月でやってきたようにプッシュし続けなければならない。そうすればすぐに良い日が訪れると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ