シャルル・ルクレール、親友ユベールへの思いを胸にスパへ / フェラーリ F1ベルギーGP プレビュー
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、1年前にアントワーヌ・ユベールがF2でのレースで命を落としたスパ・フランコルシャンに戻ることに複雑な心境を抱いている。

アントワーヌ・ユベールは、昨年スパ・フランコルシャンで開催されたF2のレース1でラディオンでの多重クラッシュに巻き込まれ、22歳の若さでこの世を去った。

この悲劇的な死は、アントワーヌ・ユベールとともに成長してきたドライバーに影響を与えることになった。シャルル・ルクレールもその一人であり、事故の翌日に行われたF1ベルギーGPの決勝レースでF1初優勝を上げ、その勝利をユベールに捧げた。

事故から1年、シャルル・ルクレールは、スパ・フランコルシャンに戻ることへの複雑な心境を語った。

「スパ・フランコルシャンは、僕のなかで特別な場所だ」とシャルル・ルクレールは語る。

「僕が初めて(F1で)勝利したのはここだけど、昨年、友人のアントワーヌを失った場所でもある」

「このトラックに戻るのは簡単なことではないし、週末の間ずっと彼は僕たちの心の中にいるだろう」

関連:2020年 F1ベルギーGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1ベルギーGP