F1 シャルル・ルクレール
シャルル・ルクレールは、F1タイトルへの道のりは“長い”と考えている。

今年、フェラーリに移籍したシャルル・ルクレールは、F1バーレーンGPで初勝利に目前まで迫ったが、エンジントラブルによってあと一歩のところで手にすることができなかった。

F1アゼルバイジャンGPではメルセデスが4戦連続となる1-2フィニッシュを達成したが、メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは「ここではシャルル・ルクレールの方が速かった」と語っている。

シャルル・ルクレールは予選でのクラッシュによって自らを苦しい立場にことになったが、ルイス・ハミルトンもルクレールは間違いなくタイトル候補だと語っている。

「5回のワールドチャンピオンからそのような言葉を聞けるのはとても嬉しいことだ」とシャルル・ルクレールは Le Journal du Dimanche にコメント。

「他にも多くの人々が僕がすでにそこにいると見てくれているけど、道のりは長いと思っている」

「確かなことは、僕はそこに到達するために全力を尽くすということだ。僕は自分のスポーツで一番になりたいと思ているけど、同時にそれがいかに難しいことかも理解している」

「子供の頃にカートで競争していたときから僕は勝つことを望んでいた。そうだね、ワールドチャンピオンは僕が達成したいと思っているゴールだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: シャルル・ルクレール | フェラーリ