カルロス・サインツ 「フェラーリ F1-75は僕の方向性に開発されなかった」
カルロス・サインツは、フェラーリ F1-75がたどった開発経路のおかげで、夏に彼の結果が改善されたという提案を一蹴した。

シャルル・ルクレールは、2022 年の最初の3レースのうち2レースで優勝し、シーズンのファーストレグで一貫してチームメイトを上回っていた。

しかし、その後、カルロス・サインツはパフォーマンスを向上させることができ、初夏のシルバーストーンでF1初勝利を挙げている。

カルロス・サインツの改善はフェラーリの開発スケジュールと一致していたが、F1イギリスGPのウィナーは2つの出来事の間の相関関係を軽視した。

アブダビでF1最終戦を終えたカルロス・サインツは「車が僕のスタイルに合わせて開発されたという記事をどこかで読んだことがあるけど、それは完全に間違っている」とコメント。

「クルマはシーズン序盤とまったく同じように感じている。レッドブルやメルセデスに比べて速さがなかっただけだ」

「とにかく運転の仕方を学んでいたし、ドライビングスタイルを変え、もう少し自分の好みに合わうようにセットアップを微調整した」

「でも、マシンは僕の方向性に開発されたわけではないし、そういった指摘がされないことを願っている。それは完全にフェイクであり、今年の本当のストーリーではないからだ」

「僕たちは単にメルセデスとレッドブルに遅れを取っただけだ」

カルロス・サインツのパフォーマンスは間違いなく改善されたが、最終的にドライバーズ ランキングでシャルル・ルクレールに 62 ポイント差をつけられた。

シャルル・ルクレールのシーズンを評価したカルロス・サインツは、ルクレールがチャンピオンシップで2位で終えたことを称賛し、チームメイトの力強いフォームが彼のドライビングスタイルを変えてペースを改善する努力の背後にあったことを認めた。

「彼は今年2位に値すると思う」とカルロス・サインツは説明した。

「彼はこの世代のクルマでシーズンを通して非常に強かった。彼は非常にうまく運転しており、彼に近づこうとするために自分のドライビングを適応させ、少し変える必要があった」

「彼を祝福したい。彼は彼のドライビングで素晴らしいシーズンを過ごし、彼はチェコ(セルジオ・ペレス)の前に立つに値する」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ