フェラーリF1のカルロス・サインツ 「プレッシャーがミスの原因ではない」
カルロス・サインツJr.は、競争力のあるスクーデリア・フェラーリのF1マシンを運転するプレッシャーに苦しんでいるとの見解に反発した。

2022年シーズン、カルロス・サインツJr.は、チャンピオンシップリーダーでありチームメイトのシャルル・ルクレールに追いつくことと、ミスを犯さないという両方において困難な時期を過ごしている。

スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは「プレシャーを管理することの問題だと思う」とイモラで語った。

「彼が最高のポジションを争うのに十分な速さの車を手に入れたのは、おそらく彼のキャリアの中で初めてであり、彼はそれに慣れる必要がある」

しかし、カルロス・サインツJr.は、最近のミスはプレッシャーとの闘いと関係があるとの見方を否定した。

「イモラでは、Q2にむけて良いラップをしたので、さまざまなラインとさまざまなバランスを試していた」とカルロス・サインツJr.は主張する。

「プレッシャーを感じたのかと聞かれたら、答えはノーだ。車で遊んでいて、ミスをしてしまった」

実際、カルロス・サインツは、2022年のこれまでの彼の問題はより根本的なものだと語る。

「残念ながら、新しい車は僕のドライビングスタイルに合っていない」とカルロス・サインツは認める。

「僕はそれに対処するのに本当に苦労しているし、多くの適応をしなければならない。理由があって、このようなミスが起こることは秘密ではない」

「僕はまだ100パーセントに達していない、まだ新しい車に慣れようとしている」

マッティア・ビノットでさえ、プレッシャー関連の問題はカルロス・サインツにとって大したことではないことを認めている。

「そこに問題はないと思う」とマッティア・ビノットは語った。

「彼は改善し、どんどん速く運転している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ