フェラーリF1のカルロス・サインツ 「改善ポイントだったスタートがうまくいった」 F1ブラジルGP スプリント予選
フェラーリF1のカルロス・サインツは、F1ブラジルGPのスプリント予選でソフトタイヤで好スタートを決めて3位でフィニッシュ。弱点だったスタートのブレークスルーを達成したと感じていると語る。

「スタートは本当に良いかった。フェラーリに加入して以来、僕にとってスタートは改善ポイントだった。自分のスタートはマクラーレンやルノー時代ほど良くないといつも感じていたので、スタートに取り組んできた。今日それがついに報われてうれしかった」とカルロス・サインツは語った。

スタートでマックス・フェルスタッペンの前に出てカルロス・サインツだったが、3周目に屈服した。その後はタイヤを十分に保護し、終盤に十分なタイヤライフを残して、もう一台のレッドブル・ホンダであるセルジオ・ペレスから決勝の3番グリッドを守った。

「計算していたし、マックスのペースが速いことに気づいたので、マックスがオーバーテイクしてきたラップとその後のラップをタイヤのマネージに使った。ソフトのフィニッシュにタイトになりそうだったし、レース後半にタイヤを使いなかった」

「もし、僕がタイヤを使ってマックスから守っていたら、チェコを抑えるのはもっと困難だっただろう。車内で計算をしなければならかった」

3番手のポジションを維持して表彰台を獲得できるかと質問されたカルロス・サインツは「1ストップまたは2ストップのレースが予測されるし、路面温度が高いため、レッドブルは十分なペースとチャンスがあるだろうけど、僕たちは挑戦する」と語った。

チームメイトのシャルル・ルクレールは午後が厳しく、耐久性の高いミディアムタイヤに苦しみ、1つ順位を落として7位でフィニッシュした。

「ミディアムでかなり苦労した」とシャルル・ルクレールは語った。

「フロントタイヤを機能させるのに苦労した。かなりのアンダーステアと少しのグレイングがあった。明日はそのような選択肢はないので、もっと良くできること、明日チームとしてより良くできることを理解する必要がある」

土曜日のコンディションは予想よりも涼しく、気温の低下が彼の闘いに貢献した可能性があるとシャルル・ルクレールは示唆した。

「明日は気温がかなり変わるだろう。今日はそれが際立っていた。涼しくなるほど、フロントタイヤとの苦労が増えた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ / F1ブラジルGP