F1 ブレンドン・ハートレイ トロロッソ 本田技研工業 2018年のF1世界選手権
トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、F1カーとLMP1カーの最大の違いは車体自体ではなくタイヤだと語る。

昨年、ポルシェでWECチャンピオンを獲得したブレンドン・ハートレーは、昨シーズン後半にトロロッソでF1デビュー。今年、トロロッソ・ホンダで初のフルシーズンを迎えて3レースを終えている。

ブレンドン・ハートレーは、WECのミシュランタイヤとF1で使われているピレリタイヤの違いになれることには時間がかかったと語る。

「やっぱり最大の違いはタイヤだ。最大限の引き出す方法が完全に異なるビーストだ」とブレンドン・ハートレーはコメント。

「ピレリは非常に敏感なので、全てをまとめるのはよりトリッキーだ。悪いことだと言っているのではなく、とにかくピレリは全てを機能させるために非常に微妙な違いがある」

また、ブレンドン・ハートレーは、F1のハイブリッドエンジンは、WECのエンジンよりもドライバーからのインプットが少なくて済むと語る。

「現代のF1エンジンは物凄い。エンジンとパワーユニット全体の背後は非常に複雑だけど、ドライバーの観点では非常に扱いやすいし、クルマの後ろについてあまり考えなくてもいい」

ブレンドン・ハートレーは、F1ではハイブリッドパワーのデプロイメントについてはほぼやることはないと語る。

「もちろん、レースや舞台裏で管理しなければならないことはいくつかあるけど、全体的に言えば、ドライバーが管理しなければならないことはあまりない。全チームが最初から全てをかなり正しく行えるように舞台裏で十分なシミュレーションとエンジニアリングを行っている。だから、特性もかなり異なる。LMP1では1周あたり多くのエネルギーマネジメントをしなければならないけど、F1ではそれほどでもない」

最近、ポルシェはWECレギュレーションの制限を取っ払って究極のスピードを追求したLMP1カー『ポルシェ919ハイブリッドEvo』でスパ・フランコルシャンのトラックレコードを樹立。2017年のF1ベルギーGPでルイス・ハミルトンが記録したタイムを0.783秒上回った。

ブレンドン・ハートレーは「F1のトップスピードは非常に高い。1周あたりかなり多くの燃料を使えるからね。LMP1ではかなり不足していた」とコメント。

「コーナーからの立ち上がりの純粋な加速はかなり似ている。LMP1では4輪駆動とトラクションコントロールによって低速コーナーからの立ち上がりが驚異的な走りだったけど、F1は加速し続けている」

ブレンドン・ハートレーは、F1カーのラップタイムの優位性の大部分を見い出しているのはトップエンドのパフォーマンスだと語る。

「F1カーの方が高速でのダウンフォースが多いし、ブレーキーのポテンシャルも高い。F1カーでラップタイムを稼ぐ多くを占めるのは高速コーナーとトップスピードによるものだ。F1ははるかに速いスピードで制動するし、停止するパワーもダウンフォース量によって非常に印象的だ」

トロロッソのチーム代表フランツ・トストは、ブレンドン・ハートレーのWECで燃料を節約していた経験がF1でうまくいっていると語る。

ブレンドン・ハートレーは「WECでは燃料がかなり制限されていたので、非常に効率的に走ることに慣れている」と語る。

「燃料をとても制限されているレースでは、そこが僕の良い強みになると思う。こちろん、そのようなプロジェクトに取り組んできたことは非常に貴重だ。マーク(ウェバー)やティモ(ベルンハルト)のようなドライバーと働けたことで彼ら二人から多くのことが学ぶことができた。全てが良い経験だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ブレンドン・ハートレー