バルテリ・ボッタス、アウディのザウバーF1チーム買収の噂に沈黙
バルテリ・ボッタスは、F1でのアウディのワークスドライバーとしての彼の将来についての噂について沈黙を守っている.

メルセデスF1チームでルイス・ハミルトンのチームメイトとして2017年から2021年までの1年間ごとに契約を結んだ後、バルテリ・ボッタスはアルファロメオでの対照的な自分の役割を楽しんでいると語る。

現在、アルファロメオとして知られるスイスのザウバーでの仕事について「ここではネガティブなプレッシャーを感じることなく働くことができる」とバルテリ・ボッタスは語った。

しかし、アルファロメオは2023年以降、ザウバーとコラボレーションを終了し、2026年のF1参入に先立ち、アウディがヒンヴィルを拠点とするチームの75%を購入する意向であるという噂が強まっている。

アウディはメルセデスF1で培った彼のレース経験を活かすことを楽しみにしているかと質問されたバルテリ・ボッタスは「アウディについては何も言えない」とコメント。

「個人的には何も変わらないだろう」

「でも、メルセデスでの経験は重要だ。背後にある巨大な装置がどのようなものであるかを学ぶだけでなく、最終的に成功するために必要なメカニズムも学ぶことができた」

しかし、バルテリ・ボッタスは、ルイス・ハミルトンのセカンドフィドルを演じたことについて「メルセデスでの多くのプレッシャー」に対処しなければならなかったと語った。

「1年しか契約していなかったので、継続するかどうかわからなかった。最悪だった」とバルテリ・ボッタスは認めた。

「すべてのドライバーはF1で計り知れないプレッシャーに対処しているけど、それでも超えられない限界だったり、パフォーマンスに苦しむことがある」

現在、バルテリ・ボッタスは、複数年契約を結んでいるだけでなく、ザウバー陣営が「数年間設計された」プロジェクトを追求していると語った.

「そうすることで、必要なセキュリティと必要な信頼が得られる」とバルテリ・ボッタスは語った。

「チームが自分の話を聞いてくれて、自分が提案したことが有効になっていることがわかった」

「『ナンバー1ドライバー』という言葉は使いたくないけど、ここで僕に与えられた責任と信頼を感じている。僕の役割は単に車を運転するだけではない。、メルセデスは決してそのような感覚は持っていなかった」

バルテリ・ボッタスは、5年以上前に2016年のF1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグの後任に短期間で同意したことを後悔しているとさえ言うかもしれない。

「答えるのが非常に難しい良い質問だ。僕には分からない」とバルテリ・ボッタスは語った。

「僕が分かっているのは、現時点でここ以外にいたくないということだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / ザウバー / アウディ / アルファロメオF1