バルテリ・ボッタス&周冠宇、アルファロメオF1のマシンで初走行 / F1アブダビテスト 初日
バルテリ・ボッタスが、2021年の所属チームであるアルファロメオF1のマシンで初走行を行った。

今シーズン限りで5シーズンを過ごしたメルセデスF1を離脱し、2022年からアルファロメオF1で新たなキャリアをスタートさせるバルテリ・ボッタス。2021年のコンストラクターズタイトルを獲得したメルセデスF1は、バルテリ・ボッタスの新チームでのテストを許可した。

12月14日(火)にヤス・マリーナ・サーキットでポストシーズンテストがスタート。バルテリ・ボッタスは、ピレリの18インチタイヤのために改造されたアルファロメオF1『C41』で初走行を完了。ヘルメットにはもうメルセデスのロゴはない。

14日(火)は、ヤングドライバーテストも並行されて実施され、バルテリ・ボッタスのチームメイトを務める周冠宇は、j自身のパーマネントナンバーである“24”がついた通常使用の『C41』をテスト。明日はピレリの18インチタイヤテストを担当し、今日ボッタスがドライブしているミュールカーを走らせる。

バルテリ・ボッタス アルファロメオF1l周冠宇 アルファロメオF1周冠宇 アルファロメオF1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / アルファロメオF1 / 周冠宇