バルテリ・ボッタス 「メルセデスF1との関係は崩壊していない」
バルテリ・ボッタスは、F1フランスGPでの激しい無線メッセージがメルセデスF1との関係が崩壊したことを示している考えるのは“完全に間違っている”と語る。

バルテリ・ボッタスは、F1フランスGPのレース終盤にタイヤ寿命に苦しんでセルジオ・ペレスに3位表彰台の座を明け渡すことになり、自身が提案した2ストップ戦略に切り替えなかったチームに無線で不満をぶちまけた。

2021年F1シーズンはバルテリ・ボッタスにとって困難なスタートとなっており、まだ3位以上でフィニッシュすることができておらず、チームメイトのルイス・ハミルトンの半分以下のポイントしか獲得できていない。

このパフォーマンスは、バルテリ・ボッタスの将来について、幅広い議論と憶測の対象となっている。ボッタスのメルセデスF1との契約は今シーズン末で期限切れとなり、メルセデスF1の育成ドライバーであるジョージ・ラッセルと交代させられる可能性がある。

特に無線でチームへの不満を爆発させたことは、メルセデスF1との関係が崩壊している兆候だとの見方がなされたが、ボッタスはそれを否定する。

「それについては僕は非常に直接的に(チームに)言うことができる。その認識は完全に間違っている」とバルテリ・ボッタスは言いました。

「僕たちはチームと良好な関係を築いている。問題はない。あのような状況では正常なことだ」

「過去にもすべてが放送されていたわけではないと思う。チームとしてこれまでに僕たちにもたらされているものは常に率直であり、改善する場所があると感じた場合、常に自分の気持ちに正直だった」

「だから、それは新しいことではないし、すべてが良好だ」

F1フランスGPでのバルテリ・ボッタスが無線で怒りを露わにしたことをメルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルグは逆に歓迎している。

「ついに彼は批判し始めた! ようやく気持ちをぶちまけてくれた。それを見るのは喜びだ!」とトト・ヴォルフは Sky Sports に語った。

その発言についてバルテリ・ボッタスは「彼が気に入ってくれてうれしいけど、あの状況では明らかにそれほど幸せではなかった」と語った。

「でも、それがレースだし、それが感情というものだ。クルマに乗っているときの気持ちを説明するのはとても難しい。僕たちはお茶会ではなく、エリートトップスポーツに参加している」

「僕はうまくやりたい。チームにもうまくやってもらいたい。フィンランド人にも感情はある」

メルセデスは、2022年のドライバーラインナップについての決定に急ぐことはないことを明らかにしており、バルテリ・ボッタスも、交渉に気を取られたくないと語っている。

バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1と常に1年契約を結んできたことを考えれば「新しい状況ではない」と認め、新しい契約について話し合う時期ではないと感じていると語る。

「誰もがこのスポーツがどのように機能するかを知っている。結果を出せば、ふさわしい場所を獲得するだろう」とバルテリ・ボッタスは語った。

「結果を出さず、チームがドライバーを変更する必要があると感じた場合、彼らはドライバーを変更する。このスポーツではとても簡単なころだ」

「繰り返しになるけど、あと16レースという話に戻りたい。チームは僕に何ができるか、チャンピオンシップを獲得してきた近年の僕にどれほど価値があるかなどを知っている」

「まだそれらの議論の時間ではない。僕たちは今、トリプルヘッダーの始まりにいる。それが今の焦点だ。オフの週には、いつになるかについて話し合う時間があると確信している」

「でも、それは現状であり、僕がいるところだ。僕は最大化しようとする必要がある。シンプルなことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス