「ボッタスにはF1タイトル獲得に必要なハングリー精神が欠けている」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、メルセデスのバルテリ・ボッタスにはF1ワールドチャンピオンを獲得するためのハングリー精神に欠けていると指摘する。

今年、バルテリ・ボッタスは4勝と11回の表彰台を獲得して自身ベストとなるシーズンを過ごした。しかし、最終的にタイトルを獲得したルイス・ハミルトンとは87ポイントの大差がついた。

開幕戦を優勝してシーズンをスタートしたバルテリ・ボッタスだったが、シーズン終盤に2勝を挙げるまでにしばらく勝ち星から遠ざかった。

F1で3回ランキング3位で終えているマーク・ウェバーは、バルテリ・ボッタスにはF1タイトルを獲得するために必要なものが欠けていると考えている。

「ホイール・トゥ・ホイール、バトルへのハングリー精神、全力で取り組む姿勢という点で、我々はまだしばしばボッタスに少しそれを逃いしている」とマーク・ウェバーは Channel 4 にコメント。

「ルイスは全員にマスタークラスであることを示した。ルクレールは2度のアッパーカットを、セブも2度のアッパーカットを喰らわせたが、彼は1つずつ狙い撃ちしていた」

「シーズン中、彼のスタミナレベルは並外れていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス