バルテリ・ボッタスの2022年10月のF1情報を一覧表示します。

バルテリ・ボッタス、堂々6番手「チーム全体を“持ち上げる”リザルト」

2022年10月30日
バルテリ・ボッタス、堂々6番手「チーム全体を“持ち上げる”リザルト」 / F1メキシコGP 予選
バルテリ・ボッタスは、2022年F1メキシコGPの予選で6番手タイムをマーク。今週末のチームのパフォーマンスを“持ち上げる”瞬間だったと語り、日曜日のレースでのポイントフィニッシュを目指している。

バルテリ・ボッタスは、FP1で7番手、FP3で8番手という週末の幸先の良いスタートを切った後、予選でも力強いパフォーマンスを発揮し、Q1を4番手、Q2を6番手で通過。Q3でも力強いファイナルラップを刻み、フェラーリの2台に割って入る6番手で予選を通過した。

ボッタス 「レースコントロールはF1日本GPを開始するべきではなかった」

2022年10月15日
ボッタス 「レースコントロールはF1日本GPを開始するべきではなかった」
アルファロメオのバルテリ・ボッタスは、フィールドの密集地帯での視界があまりにも悪かったので、レースコントロールはF1日本GPをスタートするべきではなかったと語る。

鈴鹿サーキットはレース開始1時間前から雨に見舞われたが、スタート手順が開始された時点でコンディションは受け入れられるものとみなされ、すべてのドライバーがピレリのインターミディエイトタイヤでレースをスタートすることを選択した。

バルテリ・ボッタス、F1日本GPでネオンをテーマにしたヘルメット

2022年10月7日
バルテリ・ボッタス、F1日本GPでネオンをテーマにしたヘルメット
バルテリ・ボッタスは、2022年のF1日本GPに日本のネオンをテーマにしたスペシャルヘルメットを用意した。

デザインしたのはバルテリ・ボッタスのパートナーであるティファニー・クロムウェルだ。「今週末の鈴鹿での日本GPのバルテリ・ボッタスのヘルメットは日本のネオンライトがテーマです」と彼女は説明した。

バルテリ・ボッタス 「3年ぶりに鈴鹿に戻れることをうれしく思う」

2022年10月6日
バルテリ・ボッタス 「3年ぶりに鈴鹿に戻れることをうれしく思う」 / F1日本GP
バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)が、2022年F1日本GPへの意気込みを語った。

前戦シンガポールでは11位でフィニッシュしたバルテリ・ボッタス。アルファロメオは鈴鹿サーキットにアップデートを投入する予定であり、今週末はトップ10入りを目指したいと意気込んでいる。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム