アストンマーティンF1のローレンス・ストロール 「ランスはセバスチャン・ベッテルと同レベル」
アストンマーティンF1のチームオーナーであるローレンス・ストロールは、彼の息子であるランス・ストロールと4回のF1ワールドチャンピオンのセバスチャン・ベッテルは“同レベル”になると考えている。

現在、アストンマーティンF1は、積極的な採用活動と開発を推進しており、ローレンス・ストロールは、目標はメルセデスF1のようなステータスに到達することだと語る。

「我々はメルセデスの風洞を共有しているが、自分たちで風洞を持っていることほど良くはない」とローレンス・ストロールはコメント。

「私の実績、私が所有する他のほぼすべてのビジネスと同じように、将来、そして、進行中の計画に勝つためのものだ。このケースでは、F1で勝つということは世界選手権を意味する。最終的にはそれが我々が目指していることであり、それが私が目指していることだ」

ローレンス・ストロールは、タイトル獲得の目標は今後「4年、5年、6年」のタイムラインで考えている。それは最も高給取りなセバスチャン・ベッテルを含めて多額の支出をいいする。

「ベッテルは我々の最も高給取りな従業員か? イエスだ」とローレンス・ストロールは語る。

「しかし、彼は素晴らしい仕事をしている。テストで我々のマシンはあらゆる問題を抱えていた。彼はシーズンのスタートでは出遅れたが、今はスピードが上がっている」

だが、ローレンス・ストロールは、22歳の息子であるランス・ストロールもアストンマーティンF1で完全にスピードを上げていると主張する。

「ランスは並外れた仕事をしている」とローレンス・ストロールは語った。

「彼はまだ22歳だが、すでに数回ポールと表彰台に立っている。今年はセバスチャンとほぼ同等だ」

「だから、彼のパフォーマンスについて心配する必要はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / セバスチャン・ベッテル / ランス・ストロール