アルピーヌF1、マルチン・ブコウスキーの離脱を発表
アルピーヌF1は、エグゼクティブディレクターを務めていたマルチン・ブコウスキーがチームを離脱したことを発表した。

元FIAでF1技術部門の責任者を務めていたマルチン・ブコウスキーは、2018年にルノーF1チームにエグゼクティブテクニカルディレクターとして加入。2021年にアルピーヌF1にブランド変更した後もチームに残り、その年の1月にはチームの取締役にも就任していた。

しかし、アルピーヌF1は、マルチン・ブコウスキーが離脱し、アルピーヌのCEOであるローラン・ロッシが一時的にチームのマネジメントを担当することを発表した。

マルチン・ブコウスキーは「ルノー、次にアルピーヌF1チームのリーダーシップチームの一員として、このような才能のある献身的な人々のグループと仕事することを本当に楽しんだ」と声明で述べた。

「これからの季節にチームの進歩を愛情を込めて見守っていく」

ローラン・ロッシは「過去4年間のマルチン・ブコウスキーのチームの結果に対するコミットメントと貢献に感謝している」とコメント。

「チームは、バーレーンでの最初のレースに向けてマシンを準備し、パフォーマンスをさらに一歩前進させることに全力を注いでいく」

マルチン・ブコウスキーの辞任の正式発表は、アルピーヌF1での潜在的な経営改造の最近の話に続くものだ。

今月初め、アストンマーティンF1のチーム代表を務めていたオトマー・サフナウアーが辞任。サウナウアーはアルピーヌF1への移籍し、マルチン・ブコウスキーがアストンマーティンF1に加入すると噂されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ