アルピーヌF1のダビデ・ブリビオ、早くもMotoGPへの復帰を目指す?
アルピーヌF1のレーシングディレクターを務めるダビデ・ブリビオが、MotoGPへの電撃復帰を目指していると報じられている。

ヤマハやスズキでMotoGPで成功を収めたダビデ・ブリビオは、今年、新体制となったアルピーヌF1に加入。しかし、F1への移行が「困難」であることを認めていた。

「時間が必要だが、全力で取り組んでいる」とダブデ・リビオは語った。

「ここの組織はより大きく、より複雑で、より多くの人々がいる。それが私には合わないかもしれない。だが、見てみるつもりだ」

MotoGP媒体の moto.it は、ダビデ・ブリビオが、スズキとMotoGP界に戻る可能性があると報じた。

「日本(スズキ)のリーダーはミサノまでに決定を下すはずだ」とMotoGP特派員のジョバンニ・ザマグニは、MotoGPの次のラウンドに言及して報告した。

ジョバンニ・ザマグニは、スズキがダビデ・ブリビオの離脱以降、競争力において苦労していると語る。

「(プロジェクトリーダー)佐原伸一は、ここ数ヶ月で新しいマネージャーを見つけるためにパドックの半分に連絡している」とジョバンニ・ザマグニは説明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / MotoGP