インディ500 フェルナンド・アロンソ
インディ500のレースがスタートすれば、フェルナンド・アロンソがアンドレッティのチームメイトから受けていた協力は終わる。そう語るのは2014年のインディ500ウィナーでチームメイトのライアン・ハンターレイだ。

フェルナンド・アロンソは、5月28日のインディ500デビューにむけて、5人のチームメイト(ライアン・ハンターレイ、佐藤琢磨、マルコ・アンドレッティ、アレキサンダー・ロッシ、ジャック・ハーベイ)と密接に働いている。




しかし、一旦インディ500のスタートが切られれば、ドライバーは自分自身でレースをしなければならない。

「僕たちはレースではお互いを助けることない」とライアン・ハンターレイはコメント。

「もちろん、チームメイトを破壊したり、ストレートエンドでチームメイトがクリーンエアで回る必要があるときに彼の前を横切るようなことはしない。その程度まではお互いに注意するだろうけど、実際にチームメイトを助けるようなことはない。ノーだ」

「でも、それまでは僕たち全員が一緒に働き続けなければならない。僕たち全員の間の情報の流れは、どのポイントでも閉ざされない」

ライアン・ハンターレイは、アンドレッティ・オートスポーツは、チームとしてベースラインのセットアップを強くすることに取り組んでおり、それを微調整するのはドライバー個々だと付け加えた。

「今のところ、僕たちはクルマの全て正して、僕たち6人全員が強力なクルマのベースフォーマットを得ることに励んでいる。そこから、僕たちはそれぞれ異なるドライビングスタイルにクルマを調整し、基本的なセットアップから離れていく」

「でも、僕たちはトリムという点では予選にむけて異なる方法を進めていくけど、このチームの全ドライバーが“協力する”という部分は決して止まることはない」

フェルナンド・アロンソは、コース外で5人のチームメイトと働くことからの利益だけでなく、トラフィックをシミュレーションした走行も完了している。

ライアン・ハンターレイの警告をフェルナンド・アロンソ自身もしっかりと理解している。

「昨日のグループランは良い学習経験だった。でも、レースではない。追い抜き、他のクルマの後ろでのクルマの感覚、コーナーで他のクルマにどのように近づくかを学んでいる」

「でも、決勝では違う。彼らはもう友人ではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | インディカー