フェルナンド・アロンソ 「コルトン・ハータはF1にぴったりだと思う」
2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、アンドレッティのザウバー買収の推測のなか、インディカーのコルトン・ハータはF1に“ぴったり”だと考えている。

アンドレッティ・オートスポーツは、アルファロメオF1チームを運営会社のザウバーごと買収すると噂されており、それが実現した場合、コルトン・ハータがドライバーを務めると噂されている。

コルトン・ハータは、2021年に3勝を挙げてランキング5位でシーズンを終えている。

アルファロメオF1は、今季で引退するキミ・ライコネンの後任としてバルテリ・ボッタスの加入を発表しているが、アントニオ・ジョビナッツィはシート喪失が噂されている。

F2ドライバーのオスカー・ピアストリと周冠宇は、アルファロメオF1でシート獲得の可能性について言及されているが、アンドレッティの関心が浮上して以来、そのリンクは冷え込んでいる

今週末のF1アメリカGPに先立ち、フェルナンド・アロンソはコルトン・ハータのF1転向の可能性を支持する声を上げた。

「彼は非常に優れたドライバーだ。非常に才能があり、非常に若い。インディカーレースの最年少優勝者だったと思う。アンドレッティは非常に良い組織を持っていると思う」とフェルナンド・アロンソは語った。

「F1にぴったりなのは確かだろう。でも、僕たち一人一人がキャリアの中で異なる計画を持っており、コルトンが現時点で彼の頭の中に何を持っているのかは変わらない。今年チャンピオンシップを勝ち取ったアレックス・パロウと同じように、彼はインディカーに満足していると確信している。彼は本当にアメリカに熱心に取り組んでおり、ここアメリカでレースを楽しんでいる」

「ターゲットがF1だけとは限らないし、モータースポーツはF1よりもはるかに大きい。このバブルの中でもF1がップであると感じる人もいるけど、他にもスーパーカテゴリはある」

コルトン・ハータは、インディカーでの印象的な履歴書にも関わらず、現時点でF1でレースをするためのスーパーライセンスが8ポイント足りていない。

フェルナンド・アロンソは、スーパーライセンスポイントの配分において、インディカーはFIAにもっと評価されるべきだと考えている。

「レギュレーションなどについてコメントするのは難しい。FIAやライセンスを扱っている人には質問した方がいいと思うけど、僕の意見を言うとするなら、インディカーのようにレベルが十分に高いカテゴリがある。ヨーロッパの他のカテゴリーと同じように必要なポイントを与えるというのは確かに良い議論だね」とフェルナンド・アロンソは付け加えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / インディカー