フェルナンド・アロンソ 「フェラーリF1はベッテル時代の後に期待を下げた」
フェルナンド・アロンソは、フェラーリF1は自分とフェルナンド・アロンソという2人のF1ワールドチャンピオンを擁してもタイトルを獲得できなかったことで、期待を下げる必要があったと語る。

フェルナンド・アロンソは、2010年から2014年までフェラーリF1に所属し、ワールドチャンピオンに近づいたが、タイトルをマラネロに戻すことができなかった。マクラーレンとのスティントを経て、2年間F1を離れたアロンソは、現在、アルピーヌF1でレースをしている。

「僕の時代とセバスチャンの時代には、フェラーリはワールドチャンピオンになる準備ができていなかった」とフェルナンド・アロンソは f1-insider.com に語った。

「僕たちは両方ともそれにトライし、勝利に近づいたが、成功しなかった」

「今、彼らは計画の方法を変え、期待はもはやそれほど高くない。彼らが若いドライバーを選択していることからもそれを見ることができる」

「今、彼らは短期よりも長期について考え、若いドライバーを育てている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / フェラーリ