フェルナンド・アロンソ 「アビテブールの離脱はF1復帰に影響しない」
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、2021年シーズンに先立ってルノーが実施したシリル・アビテブールの離脱を含めたマネジメント構造の変更を支持した。

シリル・アビテブールは、2014年からルノーに所属しており、離脱する兆候はまったく見られなかったため、2021年1月の発表はF1パドックを驚かせた。

シリル・アビテブールの辞任は、CEOを務めるルカ・デメオによるルノーの改革の一環として実施された。その後、ルカ・デメオは、ダビデ・ブリビオ、ローラン・ロッシ、マルチン・ブコウスキーを現在アルピーヌF1として知られるチームの新しいポジションに配置した。

フェルナンド・アロンソは、シリル・アビテブールの辞任前にすでにF1復帰を決定していたが、ルカ・デメオがチームのために同じことをしてくれると信じており、彼が下した決定を支持していると語る。

「去年、シリルとは問題なかったけど、今年の構造にとても満足している。プレジデントが変更を加えたのであれば、その背景には理由があると思うし、僕たち全員がその決定を支持している」

ダニエル・リカルドの後任としてチームに復帰した2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、復帰戦でポイント獲得も見えていたが、リアのブレーキダクトにサンドイッチの包み紙が詰まるという不運によってリタイアを余儀なくされた。

2020年7月にF1復帰を発表して以来、フェルナンド・アロンソは復帰の主な理由のひとつとして、2022年に導入される新しいF1レギュレーションの下でドライブしたいという熱意があるからだろ率直に語っている。

「ルカ・デメオとシリル・アビテブールと最後に数回会話をした2020年3月か4月頃にルノーと契約することを決断したと思う」

「チャンピオンシップが始まる前だった。オーストラリアの時期にはこの復帰を決めていたことをはっきりと覚えている」

「パドック全体がオーストラリアから戻ってきた後、シーズンの開始はオーストリアまで延期され、その瞬間に起こった。次の挑戦は何だろうと思った時期であり、F1が最も魅力的な選択肢だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ルノー / アルピーヌ