フェルナンド・アロンソ、F1復帰の可能性を認める…ルノーF1には言及せず
フェルナンド・アロンソは、F1復帰を検討していることを認めた。

フェルナンド・アロンソは、2021年にダニエル・リカルドのマクラーレン移籍によってできたルノーF1の空席を狙っているとされ、マネージャーを務めるフラビオ・ブリアトーレは、アロンソが“やる気があり”“デトックスされ”“復帰する準備ができている”と語っている。

レアル・マドリード大学の学生との会話で次のチャレンジについて質問されたフェルナンド・アロンソは「様々なチャレンジを検討している。様々なオプションを考えている」と語った。

「非常に異なる分野について学ぶためにダカールに参戦することを決意して以降、将来について熱心に多くのことを考えてきたと言っておこう」

「今後2、3、4年間は非常に非常にポジティブな意味でダカールへの冒険を繰り返さない。肉体的およびモチベーションのレベルで、僕はとても大きなチャレンジンのための準備ができていると感じている」

「今、僕はモータースポーツの世界でトップのカテゴリーに焦点を当てたいので、F1に復帰する、もしくは世界耐久選手権やインディカーで別の経験をしたいと思っている。頭の中にはアイデアがある」

しかし、フェルナンド・アロンソは、ルノーF1で復帰することを発表する準備ができていることを否定した。

「新聞やニュースに僕の名前が頻繁に現れているのを目にしたけど、実際には新しいことは何もない。伝えるべき大きなニュースはない」とフェルナンド・アロンソは語る。

「以前に言ったように、僕が言えることは、自分が肉体的および精神的に最高のレベルにあり、その結果、再び重要なチャレンジを求めているいうことだけだ」

「F1のない最初の年は非常に激しかったし、2020年は非常に平和な時間を過ごす計画だった。実際、2020年は誰にとっても非常に静かなものになった」

「8月23日にインディアナポリス500に参戦して、その後、2021年を考慮してバッテリーを充電し続けていくよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ルノー