フェルナンド・アロンソ マクラーレン ホンダF1
フェルナンド・アロンソは、2018年のマクラーレンのF1エンジンサプライヤーの決定は自分の将来の決定を決める際の“最も重要な要因”ではないと語る。

フェルナンド・アロンソとマクラーレンとの3年契約は今シーズン末で期限を迎える。2015年の加入以降、アロンソはホンダのエンジンに苦戦するマクラーレンで不遇の時代を過ごしてきた。

マクラーレンは、今シーズン末でホンダとの契約を解消して2018年からルノーにエンジンサプライヤーを変えるべく動いており、次戦F1シンガポールGPの週末までに決定が発表されるとみられている。

2018年もマクラーレンに残留すると考えられているフェルンド・アロンソだが、マクラーレンのエンジン決定だけが自身の動きに影響を及ぼす要因ではないと強調。決定を急ぐつもりはないと述べた。

「何が起きるか見守っている。いくつかのオプションがあるし、その全てを見て、決定する必要がある」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「でも、シンガポール前にそれが起こるとは思わないし、チームのエンジン決定は最も重要なことではない」

「重要なニュースは常にあるしね。LMP1ルールについてのニュースは重要だ。新しいインディカーのエアロキットも重要だし、ホンダがアンドレッティと続けることも重要なニュースだ。マクラーレンのエンジンがどうなるかも重要なニュースだ。重要なニュースはたくさんある」

マクラーレンがルノーのエンジンを獲得した場合、トップチームとしてレッドブルとの戦うという大きな期待がかけられるが、フェルナンド・アロンソは、いかなる前提も立てないよう警告する。

「レースのパフォーマンスやレースで見たいものに集中することはできないと思う」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「ルノーが6連覇を果たしたことは知っているし、そのエンジンにできることはわかっている。今年のフォース・インディアとウィリアムズによって、メルセデスのエンジンに何ができるかもわかっている」

「僕たちはオプションがどのようなものかわかっているし、決定を下す必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ