フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、マクラーレン・ホンダがタイトル争いについて考えられるようになるまでには全体的な競争力の面で“長い道のり”があることを認めている。

昨年、悲惨なシーズンに耐えたマクラーレンとホンダは、冬の間に確かな信頼性とパフォーマンスを手に入れたものの、トップチームとの差はまだ明確なままだ。

コンストラクターズ選手権4位は2016年の現実的な目標になるかと質問されたフェルナンド・アロンソは「楽観的すぎるよ。ウィリアムズやフォースインディアと相性のいいサーキットがまだいくつか残っているからね」とSky Sport にコメント。

「多かれ少なかれ満足する必要がある。ここ12ヶ月でのチームの進歩については光栄に思うけれど、地に足をつけていなければならない」

「チャンピオンになるためには、もっと多くのことが必要だとわかっている。まだ道のりは長い」

「来年に向けて今もポジティブで楽観的でいる。マクラーレン・ホンダの方向性は明らかに正しいものだからね。でも、なんとかしてこの過程を加速させる必要がある」

またフェルナンド・アロンソは、ホンダのパワーユニットが今も最大の制約になっていると述べている。

「ライバルと比べてまだ馬力が足りない。その部分で進歩する必要がある。今もまだ差がかなりあるからね」

「その差を詰めなければならないし、冬の間にその差が消えることを期待している。シーズンを通してこの差のままであれば、冬の間だけで詰めるには差が大きすぎるだろう」

「それが残りのシーズンでの最大の希望だ。エンジンからのアップデートや使用するかもしれないトークン、メルセデスにもう少し近づくことなど、パワーユニットが支配していることについてね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ホンダF1 / マクラーレン