アレクサンダー・アルボン 「2022年F1マシンのシミュレーター経験は有利」 レッドブルF1で開発作業を担当
アレクサンダー・アルボンは、今シーズンにレッドブルF1の開発ドライバーとしてシミュレーターで2022年F1マシンの開発に携わってきた時間が、来シーズンに有利になると考えている。

今年はレッドブルF1の開発兼リザーブドライバーとしてグランプリレースから離れていたアレクサンダー・アルボンだが、2022年にメルセデスに移籍するジョージ・ラッセルの後任としてウィリアムズでF1復帰することが決定している。

アレクサンダー・アルボンにとって、2022年の開幕戦は、2020年の最終戦以来のF1レースとなるが、レッドブルF1の開発兼リザーブドライバーとしてF1の世界にまだ深く関わっている。

開発ドライバーの役割のなかで、アレクサンダー・アルボンは、レッドブルの2022年F1マシン『RB18』の開発作業に多くの時間を費やしており、その経験によってライバルよりも有利に立てると考えている。

レッドブルでの2022年F1マシンでの作業が来シーズンのアドバンテージを与えると思うかと質問されたアレクサンダー・アルボンは「そう思っている」と THE RACE に語った。

「タイヤのテストもそうだね。ウィリアムズは18インチタイヤをテストできる運に恵まれなかったので、僕が彼らに知識をもらせると思う」

「僕が今年得た知識を利用して、来年より速いレートでマシンを開発するのを助けるためにそれを利用していくことが重要になるだろう」

アレクサンダー・アルボンは、2020年にチームメイトのマックス・フェルスタッペンにアウトパフォーマンスされた後、グリッドでのスポットを失い、レッドブルは彼をセルジオ・ペレスに置き換えることを選択した。

当時のアレクサンダー・アルボンの最大の問題の1つは土曜日のパフォーマンスであり、予選でマックス・フェルスタッペンに近づくことは滅多になかった。

そのエリアを改善することは、2022年シーズンのアレクサンダー・アルボンの大きな目標の1つだ。

「フィードバックとマシンのパフォーマンスがどこにあるかを理解するという点で、今年は昨年とは違ったことができたのは間違いない」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「それは本当に重要であり、理解するには時間とラップがかかるものだ。それぞれのマシンには、重い燃料と軽い燃料で独自の特徴があり、予選に入ると、より良いパフォーマンスを引き出すことができる正しいステップだと感じる変化がたくさんある」

「でも、僕は今、いろいろな知識を蓄えているし、来年もそれを使用できると感じている。去年は全般的に言って、フリープラクティスはかなり大丈夫だったように感じている。いつも私が少し苦労していたのは予選だった」

「今はそれを分かっているし、来年にそれを生かせると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / ウィリアムズ / レッドブル