アレクサンダー・アルボン 「どのように改善できるかまだ予想がつかない」 / レッドブル・ホンダ F1トルコGP 金曜フリー走行
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、2020年のF1世界選手権 第14戦 F1トルコGPの金曜フリー走行を5番手タイムで終えた。

アレクサンダー・アルボンは、FP1でチームメイトのマックス・フェルスタッペンから0.241秒差の2番手タイムをマーク。FP2でも幾度かトップタイムをマークしながら進めたが、最終的にトップから1.033秒差の5番手タイムで初日のセッションを終えた。

「新しいサーキットを走るのはいつでも楽しく、今日は結果もポジティブな一日になった」とアレクサンダー・アルボンはコメント。

「FP1とFP2が行われたが、まるでアイスリンクの上を走行しているようで、ドリフトカーを運転しているようなおかしな感覚で走行をしていた。マシンがスライドしながらの走行は、もちろん楽しいけど、F1マシンに乗っている感覚ではない」

「タイヤを機能させるために、通常の許容範囲よりさらにプッシュする必要があったけど、それはそれで仕方ないと思う。グリップを上げるためにソフトタイヤに履き替えて試したけど、期待していたほどの効果はなかった」

「予選までにチームがどのように改善できるかまだ予想がつかない。決勝では皆がソフトタイヤを装着し、燃料を積んで長距離を走り切る、というのが最善な策と考えているような気がする」

「明日予報されているコンディションを元に、今夜準備をして明日を迎えたいと思う。何が起こるか分からない予選日となりだけど、今日はポジティブな一日にすることができた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1 / F1トルコGP