アレクサンダー・アルボン 「レッドブルF1育成を外れて考え方が変わった」 / レッドブル・ホンダF1
アレクサンダー・アルボンは、レッドブルF1のジュニアプログラムを外されたことで、F1で後悔せずに生きることを学ぶことができたと語った。

英国生まれのタイ人ドライバーであるアレクサンダー・アルボンは、2012年にレッドブルのジュニアプログラムを外されたが、そこから7年後となる昨年、レッドブルでの2度目のチャンスを手にした。

F1マシンでの走行経験がなかったアレクサンダー・アルボンだが、トロロッソですぐにセンセーションナルなパフォーマンスを見せ、F1デビューからわずか12戦でパフォーマンスが低下していたピエール・ガスリーに代わって、トップチームのレッドブル・ホンダに昇格を果たした。

9戦中8戦でトップ6フィニッシュを果たしたアレクサンダー・アルボンは、2020年もレッドブル・ホンダ残留が決定。チームと初のフルシーズンを迎えようとしている。

「あのような経験は、いつだって最悪の事態を抜け出して反対側に出られるという感覚を与えてくれた」とアレクサンダー・アルボンはF1公式ウェブサイトに語った。

「だから、あまりプレッシャーを感じていない。僕はそれを乗り超えて、他のことで生き残ることができると感じているからね」

「僕はそれを持ち歩いている。トロロッソからレッドブルへの昇格でさえある意味そうだった。うまくいかなかって何なんだ?とね 後悔はない」

「以前にそれを経験して、それを乗り越えているんだし、再びそれできない理由はあるか?とね。その経験は僕をとても強くしてくれた」

アレクダンサー・アルボンは、レッドブル・ホンダとの2年目のF1シーズンに向けて改善しなければならないことがあると認めるが、チームメイトのマックス・フェルスタッペンとのギャップを埋めるために良い位置にいると確信していると語る。

「ガレージの僕の側は比較的新しい」とアレクサンダー・アルボンは説明する。

「関係を構築する必要がある。僕たちが一緒になってから6~7か月しか経っていないので、まだ学んでいるところだし、まだ新しい」

「僕たちは一緒に座って、取り組む必要のあるエリアを開発し、どこに目標にしたいかを確立した。僕たち全員にとってそれは明確になっている。本当に感触はいい」

「自分が何に取り組む必要があるかは知っている。知っていることだけでなく、何をすべきか、状況をどのようにして最大限に活用する方法を理解している」

「僕たちは、マシンと自分自身をもっと良いウィンドウに入れるために何をターゲットにする必要があるかについていくつかのアイデアを持っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル