アレクサンダー・アルボン 「日本のファンの応援は後押しになる」 / レッドブル・ホンダ F1日本GP
レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンがイベントに参加し、今週末のF1日本GPへの意気込みを改めて語った。

今年、トロロッソ・ホンダでF1デビューを果たしたアレクサンダー・アルボンは、夏休み後からピエール・ガスリーに代わってレッドブル・ホンダに昇格。チームと戦った4レースをすべて6位以上でフィニッシュする活躍をみせている。

「今年は大きなステップになった年だった」とアレクサンダー・アルボンはコメント。

「最初の1年でいきなりビックチームに入ることになって期待度は高くなったし、選手権で成功していかなければならない。難しいけれど、落ち着いてやってる」

「最初の4レースそれなりにいい結果だし、これからチームメイトに匹敵する結果を出せるように頑張っていきたい」

レッドブル・ホンダへの昇格についてアレクサンダー・アルボンは「多くの人は喜んでくれていたと思うけども、難しいという人もいた」とコメント。

「でも、レッドブルには4人のドライバーがいて、それぞれの役割を入れ替えることもある。そういう仕組みなんだ。僕としてはチャンスを与えられたので来年に向けてのベストなポジションにいると考えている」

「そうした状況で多くのファンが詰めかける鈴鹿でレッドブルに乗れることを誇りに思っている」

「やっぱりファンに後押しをもらえると嬉しいし励みになる。前にトロロッソのドライバーとして東京に来たときにも多くのファンが駆けつけてくれた。本当に日本のファンは熱心に応援してくれるので励みになる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1 / F1日本GP